All News > 日本語
sns기사보내기 트위터 페이스북 카카오톡 필자의 다른기사 보기 인쇄하기 메일로 보내기 글자 크게 글자 작게
社団法人国技院テコンドー9段連盟、「ホン・ソンチョン国技院理事長及び現理事陣は辞任せよ!」
Japanese translated by Keita Nakagawa(competitors) of Japan
기사입력: 2019/02/24 [19:11] ⓒ wtu
WTU

 

▲     ©WTU

 

社団法人国技院テコンドー9段連盟、「ホン・ソンチョン国技院理事長及び現理事陣は辞任せよ!」
 
世の中全てに完璧なものはなく、全てがうまく行くわけではない。このような限界を克服し、より良い未来のために止揚していくことが、人類の普遍的認識だ。
 
国技院も例外ではない。 今現在、地球村テコンドー人の自尊心である国技院が、甚大な混乱の極致を迎えている。
 
昨年末、オ・ヒョンドク院長とオ・テヨン事務総長が拘束され、これに対し理事陣が無限責任を感じ辞任決議をし、ファン・インジョン、キム・ソンチョン、ファン・インシク、チェ・ジェム理事が辞任をしたにもかかわらず、厚顔無恥という人品の最低極まる屈辱的な呼称を受けながらも、ホン・ソンチョン理事長及びキム・ヨンテ、キム・チョルオ、キム・テイル、ユン・サンホ、アン・ビョンテ、ホン・イルファの理事陣は、様々姑息な策を弄し辞任の約束を守らず理事に留まっているという世論の見解だ。
 
このような国技院の事態に対し、多くの国内外テコンドー団体とテコンドー人は、怒りを越えて爆発直前の状態にある。
 
こうした国技院の事態を鋭意注視してきた社団法人国技院テコンドー9段連盟(会長:キム・ギョンドク、2003年発足、現在の公認9段290名が会員)は、本質的な解決策と代案を提示し、次のような声明書を発表して確固たる意志を明らかにした。
 
声明書
 
世界テコンドー本部国技院の実務責任者である院長と事務総長が拘束される、焦眉の急の事態に対し、社団法人国技院テコンドー9段連盟は痛切なる心で、国技院がテコンドーの代表機関として役割を果たしテコンドー人を修練させる資格がもはやあるのかを問うところである。
 
併せて、世界テコンドー人に対し、国技院に代わり頭を下げ謝罪するところである。
 
採用に関する不正、後援支援金の分配、用具類の納品不正などの内部問題のみならず、国技院の存在価値とアイデンティティの根本である海外での昇級・段審査の不透明な問題は、決して看過することのできない深刻な事態を引き起こすことであろう。
 
テコンドーは、我々の先祖が我々民族に授けた、崇高な哲学が含まれた文化遺産であり、天倫と人倫が息づく武芸であり道である。
 
このことについて、テコンドー9段連盟は大韓民国政府と国技院の全ての者に対し、次のとおり厳重に伝達するところである。
 
1.今現在の国技院の事態を見るに、世界テコンドー本部国技院は世界機構とは考えられず、かつ、国内法を利用して政治的手段で利用しようとした政治の責任も看過できないであろう。
 
これについて、政府にはテコンドー振興のための政策の役割を果たしつつ、国技院を世界機構として位置付けるために必要な運営と諸条件に対することを、徹底して世界テコンドー人に任せるよう要求する。
 
2.国技院の多数の職員と役員は派閥を作り、業務規則に背いてあらゆる情報を外部に流出させ、今日の国技院を作る原因の一つとなった。 とりわけ、単なるイエスマンに堕した国技院理事会はもはやその機能を喪失している状況であり、理事長をはじめ全ての理事に速やかな辞任を促す。
 
3.国技院に対する紛争が正当化されるためには、個人の栄達や私的な利益ではなく、国技院が自らの役割と任務を果たすための志を皆が心に留めなければならないであろう。国技院をめぐる内紛はテコンドーの衰退をもたらす道であり、全てのテコンドー人はもうそろそろ自重自愛し、これ以上世界テコンドー人からの厳しい視線を受けることのないよう求める。
 
4.今後国技院は、現理事が理事を選出する誤った規定を撤廃し、推薦又は公募の基準を整えて透明性を高めることに最善を尽くすとともに、理事構成においては世界テコンドー加入会員であり大陸別昇級・段審査及び各種テコンドー教育と大会開催を忠実に実行する海外テコンドー強国と国内17市・道協会に一定比率を割り当て、運営の極大化を追求し名実とも世界機構として再生せよ。
 
5.国技院の海外における昇級・段審査の運営は、国別に分院を設置して透明かつ公正な運営を図るとともに、海外修練者中わずか15%にとどまる昇級・段審査受験者に対する対策を早急に講じて体系化・計量化を早め、海外審査が数多く行われるよう、海外国自らの段証発行迅速化の重要性を認識せよ。
 
6.院長および元老会委員は、テコンドー後進養成と普及に一生涯を捧げた公正で尊敬される9段保有者を推戴し、世界的に否定的認識を受けている現国技院のアイデンティティの一新に寄与せよ。
 
7.国技院は、大韓民国が自由民主主義理念国家であることを肝に銘じ、数多くの請願を引き起こしている1人1道場規定を撤廃し、1人が多数の道場を運営できるよう開放せよ。
 
我々社団法人国技院テコンドー9段連盟は、今後の国技院の方向性を鋭意注視し、不適切な人物の介入や特定派閥の干渉等、望ましくない方向に進んでいると判断される際には決然と立ち上がることを宣言し、この声明書を発表するものである。
 
2019.1.17.社団法人国技院テコンドー9段連盟

 

Comment>https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Ftaekwondophoto%2Fposts%2F2236697673060376&width=500

 

World Taekwondo United News(WTU-news, 세계태권도연합뉴스) www.wtu.kr

무단전재 및 재배포 금지 ⓒ wtu.
필자의 다른기사 보기 인쇄하기 메일로 보내기
닉네임 패스워드 도배방지 숫자 입력
내용
기사 내용과 관련이 없는 글, 욕설을 사용하는 등 타인의 명예를 훼손하는 글은 관리자에 의해 예고 없이 임의 삭제될 수 있으므로 주의하시기 바랍니다.
 
광고
광고

더보기

이전 1/28 다음
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고