Multi Language > 日本語
sns기사보내기 트위터 페이스북 카카오톡 필자의 다른기사 보기 인쇄하기 메일로 보내기 글자 크게 글자 작게
5月30日国技院の報道関係でホンムンジョン国技院理事長が発表した全文
Japanese translated by Soo-mi Hong (national competitors) of Japan
기사입력: 2016/06/05 [06:09] ⓒ wtu
WTU
▲     ©WTU

 

5月30日国技院の報道関係でホンムンジョン国技院理事長が発表した全文

 
敬愛するテコンドーの皆さん!
国技院のホンムンジョン理事長です。
 
過去2013年6月17日国技院理事会で理事長に選出されて任期満了(2016.06.16)を控えている私は、以前より再任する意思がないことをお伝えしていたと思います。任期満了までは、国技院の未解決問題の解決に取り組み、来期の国技院理事長職を再任しないつもりです。
 
私は国技院理事長に選出されてからテコンドーに深わい関心を持ってテコンドーと国技院発展のために努力してきました。
 
一部のテコンドー関係者が就任当初から私に反対していることは理解しており、テコンドー界の汚い部分が存在している点もわかっていましたが、私は国技院理事長としての任務の役割と責任を果たすために屈せずに努力してきました。
 
しかし、一部のテコンドー関係者から退任の声や国会議長の辞職勧告に辞任を悩んだのも事実です。
 
実際に辞任の意思を複数回表明しましたが、国技院からは、重要な未解決事項が片付くまで理事長職を継続するように要求され、また、一部テコンドー関係者からは、理事長職を辞任することでもたらされるもう一つの葛藤と分裂を防ぐため、辞任反対の意見を強固に要求し、現在まで理事長職を遂行してきました。
 
このような私の悩みを知っていたにも関わらず、一部のテコンドー関係者たちは、まるで私に国技院理事長職再任の意思があるかのように世論を操作し、再任反対のための集会まで開いた状況に私は切なさを感じています。
 
私は任期満了まで国技院の未解決問題に取り組み理事長職を退任いたします。それにもかかわらず、本人の退陣集会を開くなど、新たな葛藤と分裂を助長することはテコンドー界にとって悪い影響をもたらすでしょう。
 
私は国技院理事長職を退いても国技院とテコンドーの発展のために努力することを約束します。
 
尊敬するテコンドーの皆さん!
もう一度申し上げます。私は国技院理事長職の再任の意向がないことを明らかにします。
 
 
記事:イ・ソクチェ
翻訳:洪寿美
 
 WTU
무단전재 및 재배포 금지 ⓒ wtu.
필자의 다른기사 보기 인쇄하기 메일로 보내기
닉네임 패스워드 도배방지 숫자 입력
내용
기사 내용과 관련이 없는 글, 욕설을 사용하는 등 타인의 명예를 훼손하는 글은 관리자에 의해 예고 없이 임의 삭제될 수 있으므로 주의하시기 바랍니다.
 
광고
광고

더보기

이전 1/26 다음
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고