Multi Language > 日本語
sns기사보내기 트위터 페이스북 카카오톡 필자의 다른기사 보기 인쇄하기 메일로 보내기 글자 크게 글자 작게
2016 第20回日本南関東テコンドー選手権大会ソンリョ
この12月10日2016第20回日本南関東テコンドー選手権大会は20年の歴史を誇る今回の大会は神奈川県テコンドー協会とNPO法人炫武館が主催し、在横浜大韓民国領事館が後援した中、横浜市文化体育館で450人余りの選手と役員、保護者など1200人余りが参加して盛大に行われた。
기사입력: 2016/12/16 [01:28] ⓒ wtu
WTU
▲     ©WTU

 

                          2016 第20回日本南関東テコンドー選手権大会ソンリョ


この12月10日2016第20回日本南関東テコンドー選手権大会は20年の歴史を誇る今回の大会は神奈川県テコンドー協会とNPO法人炫武館が主催し、在横浜大韓民国領事館が後援した中、横浜市文化体育館で450人余りの選手と役員、保護者など1200人余りが参加して盛大に行われた。


幼稚園児から小学部、中高等部、大学部、一般部など、男女5歳から60歳まで参加し、構え、対決、パラ競技、加えて障害者の型、団体戦など、多様な部門として行われた。
12時開幕式では 現地 原 聡祐(自由民主党神奈川県議会委員)
朱 重徹 横浜総領事。
松本 純(自由民主党国務大臣・国家公安委員 委員長)
竹内 英明 (自由民主党神奈川県支部連合会幹事長)
金利中(在日本 大韓民国民団の神奈川県地方本部団長)
斎藤しんじ(公明党横浜市委員会委員)
高尾 肇(神奈川県テコンドー協会理事)など主要の来賓らが出席した中、シンソン大学テコンドー警護学科と選手団(教授、50、ファンジョンイン)の即席デモンストレーション、52歳の年齢 顔負けの姜師範の強力な威力撃破を見せ、多くの貴賓と参加者たちの熱い歓声と喝采を浴びながらテコンドーの強烈な印象を与えました。

 

今大会は公式の国際大会出場のための大会ではなく民間レベルで20回を続け、テコンドー精神を根付かせて、底辺の拡大に貢献するという側面と特に、各種武芸がよく発達していて活性化されている日本で25年間、テコンドーだけを固執し、多くの逆境の中でも堅固にテコンドーを指導する姜 炫淳範(52歳、7段、龍仁大85年入学)の功労が核心的かつ主導的だった。


91年渡日して、道場を開いた姜師範は 現在横浜市に本館と13個の支部を運営しており、これまで250人余りの国技院の有段者と5,000人余りの有級者を輩出しており、各種の国際大会に日本の主要役員として参加し、日本テコンドーの発展に寄与している。


また、本人の模範的な言動はもとより、本人の4人の子どもも、幼い時から運動を教えて今は師範と選手として活動するなど、真のテコンドーファンの姿を見せている。


そして、今大会では本記者が見て感じた点を読者に知らせたい点がいくつかある。


今大会に参加する役員・選手はもちろん、父兄たちの礼儀と秩序だ。

例えば40分間行われた開幕式で、堵列していた役員審判 特に幼い選手たちも含め 絶対に姿勢が乱れたり、雑談が起きる事もなく 開幕式に集中する点と 競技場の中に入って来た父兄らも 礼儀正しくに席を守りながら冷たい床に全員裸足で入っていた。 我々も一部の学ぶ点があるのではないかと深く考えた。


一方、姜師範は、大会を終えて今も現地に居住する一部の国の外国人選手たちが参加しているが、今年の夏には、宗主国団体や協会と協議して韓日親善大会に昇格させ、韓日間テコンドーを親密な関係形成に貢献したいと伝えた。

 

▲     © (WTU)

More photos & comment: https://www.facebook.com/taekwondophoto/media_set?set=a.1300523476677805.1073742342.100001604951101&type=3

 

WTU-news

무단전재 및 재배포 금지 ⓒ wtu.
필자의 다른기사 보기 인쇄하기 메일로 보내기
닉네임 패스워드 도배방지 숫자 입력
내용
기사 내용과 관련이 없는 글, 욕설을 사용하는 등 타인의 명예를 훼손하는 글은 관리자에 의해 예고 없이 임의 삭제될 수 있으므로 주의하시기 바랍니다.
 
광고
광고

더보기

이전 1/26 다음
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고
광고